風俗からこども食堂へ

先日Yahoo!ニュースでこんな記事を見つけました。
とても興味深い話だったので紹介させてもらいます。

マキ(34歳)がユウジ(45歳)に出会ったのは21歳。2人が生まれ育った宮崎市内の風俗街でだった。
マキは働いていた飲み屋で知り合ったパチンコ依存症の夫と別れたところ。ユウジは日中ビルメンテナンスの会社を経営しながら、夜はデリヘル業(デリバリーヘルスという業種の風俗店)に携わっていた。
ユウジもこの時点でバツ2だった。
2人は結婚。デリヘルやSM店経営の後、本業のビルメン経営の傍らで、一般社団法人「日本プレミアム能力開発協会」という団体を立ち上げ、その事業の一環で、2015年1月に「プレミアム親子食堂」を立ち上げる。
これが、宮崎県内のこども食堂の先駆けとなった。
風俗業の経営から、法人立ち上げを経て、こども食堂へ。
2人の軌跡はいかにもアヤシゲで、眉をひそめる人もいるかもしれない。
しかし、この2人のストーリーを、貧困の中で育った者たちが貧困の連鎖を断ち切ろうとしてきた苦闘のストーリーとして見ると、見える景色はまた変わってくる。

こちらの話の続きはYahoo!側で呼んでください。
貧困と風俗業界について考えることができます。
貧困=努力がたりない。
これはスゴク簡単すぎる考えです。
貧困問題を深く考える時はあまりオススメしません。

参照元yahooニュースより
https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20170201-00067139/