都内の有数の風俗街

東京都内は有数の風俗街があります。
その中で最大級の人妻店といえるお店を紹介したいと思います。
このお店の特徴といえば豊富な在籍数で、その数なんと300名以上なんです。
年齢は30代を中心に淑やかな清楚妻からスケベな淫乱妻など多種多様な顔ぶれとなっている。
こんなに人数が多いと、つい目移りしてしまいがちだが、その中で絶対に外さない、トップクラスの人気を誇るのがナンバー1嬢。
多くの人を魅了して止まないそのルックスは成熟した大人の色香と若々しさが同居する彼女ならではのもの。
これくらい見た目が整っていると、お高く止まっているように捉えられがちだが、
まったくそんな事はなく容姿もテクニックも抜群なんです。
都内は新宿歌舞伎町・渋谷・上野など有名な風俗街があります。
特に吉原のソープランドは歴史がある風俗街です。

風俗からこども食堂へ

先日Yahoo!ニュースでこんな記事を見つけました。
とても興味深い話だったので紹介させてもらいます。

マキ(34歳)がユウジ(45歳)に出会ったのは21歳。2人が生まれ育った宮崎市内の風俗街でだった。
マキは働いていた飲み屋で知り合ったパチンコ依存症の夫と別れたところ。ユウジは日中ビルメンテナンスの会社を経営しながら、夜はデリヘル業(デリバリーヘルスという業種の風俗店)に携わっていた。
ユウジもこの時点でバツ2だった。
2人は結婚。デリヘルやSM店経営の後、本業のビルメン経営の傍らで、一般社団法人「日本プレミアム能力開発協会」という団体を立ち上げ、その事業の一環で、2015年1月に「プレミアム親子食堂」を立ち上げる。
これが、宮崎県内のこども食堂の先駆けとなった。
風俗業の経営から、法人立ち上げを経て、こども食堂へ。
2人の軌跡はいかにもアヤシゲで、眉をひそめる人もいるかもしれない。
しかし、この2人のストーリーを、貧困の中で育った者たちが貧困の連鎖を断ち切ろうとしてきた苦闘のストーリーとして見ると、見える景色はまた変わってくる。

こちらの話の続きはYahoo!側で呼んでください。
貧困と風俗業界について考えることができます。
貧困=努力がたりない。
これはスゴク簡単すぎる考えです。
貧困問題を深く考える時はあまりオススメしません。

参照元yahooニュースより
https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20170201-00067139/